麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

信賞必罰

e0165379_186478.jpg
12月5日、衆院第一会議室にて岡本全勝首相秘書官と麻生太郎総理大臣。(産経新聞/酒巻俊介撮影)

 麻生総理は『信賞必罰』つまり、悪い事をした公務員は厳罰に処すが、良い仕事をした公務員はきちんと評価をする。この方針で、役人は『使いこなすもの』という基本姿勢です。
国連の下において各国の海洋権益を拡大する協議が行われていますが、数年前にいち早くこの動きを察知し、当時自民党の政調会長だった麻生太郎氏に日本の迅速な行動を促した国交省の役人がいました。麻生氏がその場で小泉総理に引き合わせ直ちに対応したお陰で、今日、日本の海洋権益は最大化いたしました。官邸でこの報告に関する閣僚会議が開かれた時、事務方に向かって「あの時、俺の部屋に飛び込んで危機を訴えた役人はここに来ているか?」おずおずと手を挙げた当事者に対し、「君だ!君が、あの時危機感を訴えてなかったら今日はなかった。良くぞやった!」と賞賛し、思わず拍手が起こりました。会議後、事務局の間で『これぞ役人の使い方。皆、ますます頑張ろうという意欲が沸いてくる』という話になったそうです。

甘利明 げんき君マガジン 第144号より(サイトでも拝見できます♪)強調引用者


とても興味深かったので、総覧の全文を転載させて戴きます。
「公務員を叩けば叩くほどその人はヒーローになる」「公務員を叩けば叩くほど制度は良くなる」との考えがマスコミを席巻しています。また、そういう行動をとる事によってヒーローになっている議員もいます。この読者の皆さんが公務員だとしたら、朝から晩まで「お前はダメな奴だ」と、言われ続けて、国民のために頑張ろうという意欲が沸いてくるでしょうか?

麻生総理は『信賞必罰』つまり、悪い事をした公務員は厳罰に処すが、良い仕事をした公務員はきちんと評価をする。この方針で、役人は『使いこなすもの』という基本姿勢です。

国連の下において各国の海洋権益を拡大する協議が行われていますが、数年前にいち早くこの動きを察知し、当時自民党の政調会長だった麻生太郎氏に日本の迅速な行動を促した国交省の役人がいました。麻生氏がその場で小泉総理に引き合わせ直ちに対応したお陰で、今日、日本の海洋権益は最大化いたしました。官邸でこの報告に関する閣僚会議が開かれた時、事務方に向かって「あの時、俺の部屋に飛び込んで危機を訴えた役人はここに来ているか?」おずおずと手を挙げた当事者に対し、「君だ!君が、あの時危機感を訴えてなかったら今日はなかった。良くぞやった!」と賞賛し、思わず拍手が起こりました。会議後、事務局の間で『これぞ役人の使い方。皆、ますます頑張ろうという意欲が沸いてくる』という話になったそうです。

役人、特にキャリアと呼ばれている人達は、超一流の大学を優秀な成績で卒業し、放っておいても一流企業から就職の手が差し伸べられる所を、あえて条件の悪い役所に飛び込んできます。

私は、公務員制度改革の中で三高公務員を作ると宣言しています。高い意欲と高い使命感と高い能力を備えた公務員を輩出していく事です。現在、100 年ぶりの国家公務員改革を行っております。各省ごとに行っていた人事を内閣官房に一元化し、信賞必罰のルールを徹底して能力と実績に裏打ちされた人事を行う仕組みを作っていきます。

二代前の渡辺行革大臣がこの改革を 5年間で行う、という法律を作りました。私は就任するや直ちに、この改革を前倒ししてさらに進めていくと宣言いたしました。全体を 4年で完成をさせる。関係する各種法律は渡辺元大臣の引いたスケジュール「3年以内に国会提出」を「2年以内に」と加速させる。そして 4年後までの毎年毎年にやるべき事を行程表に列記し、つまみ食いにならないように全体を閣議決定でしばる、という宣言をいたしました。

『さすが甘利大臣』『やはり一年生大臣に、ここまでは出来なかったでしょうね』と、わかっている人からは最大級の評価を頂いております。にも関わらず、何もわからないマスコミ、なかんずくワイドショーはトンチンカンな報道をしています。

渡辺行革を前倒しし、なお且つ、部分食いをされないように全体をバインディングする。これは私のアイディアによる実践です。また、定年前に肩たたきをした役人の活用を図るための再就職紹介は、官民人材交流センターで行う事になりました。これは渡辺元大臣の提案で出来た仕組みで、各省が個々に斡旋をすると不透明になるので、内閣で一元化をして透明化を図るという趣旨です。自分が作った仕組みに自分でクレームを付けるという政治行動は、与党内では理解不能と思われています。

真実というのは後で振り返って見なければ明らかにならないという事は往々にしてあります。


甘利明 げんき君マガジン 第144号より(サイトでも拝見できます♪)強調引用者




Photobucket
(時事通信社)

Photobucket ブログランキング・にほんブログ村へ 
[PR]
by floppy_smile | 2009-01-17 18:29 | 首都で