麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

李肇星・中国国際友好連絡会会長と

e0165379_2242388.jpg
12月3日、首相官邸にて。日中関係がいちばん厳しい時期と言われていた頃*1に外交部長をされていた方で、
当時は麻生さんも外務大臣でした。

e0165379_22334598.jpg
李肇星前外交部長と言えば、外相時代のこのお写真がまっさきに思い浮かびます。おふたりともすごくいい笑顔♪



 「日中友好」というお題目のために、お互いに遠慮して黙っていたりするような関係では本当の意味での進展は生まれません。政治という枠組みの中で言えば、今後、日本としては「日中共益」をスローガンに中国と共に歩んでいくべきなのであって、日中友好はその手段であって目的じゃあありません。
 もちろん、中国の人たちに正しく日本を理解してもらう事も必要で、私は外相時代、5年にわたって中国の学生9000人を招くプロジェクトを計画し、現在、実行されています。すでに来日した留学生たちからは「日本は軍国主義化していると聞いていたが、滞在中、軍服を着た人に1人も会わなかった」「なんで日本の公衆トイレはこんなにきれいなんだろう」といった率直な感想が寄せられていますが、まさに百聞は一見にしかずと言ったところでしょう。
(日本の底力より) 


*1 関して、嘉麻の里にこんな発言もありました。(アメリカから日中関係の質問をうけて)「日本と中国は大化の改新このかた、1500年以上の長きにわたって両国関係は常に緊張の連続だったのが歴史。この70年間位の話しではないんで、そんなに心配してもらわなくても結構。」……『国力会議』でも仰っていましたね。初めて読んだときには大笑いしてしまいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by floppy_smile | 2008-12-05 22:59 | 外交で