麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

それが優先順位のいちばん

人気ブログランキングへ
e0165379_12454878.jpg
e0165379_1246048.jpg
e0165379_12461299.jpg
e0165379_12462539.jpg
e0165379_12464873.jpg
e0165379_1247113.jpg
e0165379_12475747.jpg

ビートたけし氏:(退陣までを振り返ったVTRののちに)どうですかこれ、やっぱり麻生さん運悪いよ。

麻生太郎前総理:(爆笑)

ビートたけし氏:絶対運が悪い。いちばん運が悪い総理じゃないかな。だって、全部のツケが最後に麻生さんの時に選挙できちゃったみたいなところがある。

島村宣伸元農水大臣:三宅先生ね。先生のせっかくのだいたいの(解散総選挙の)読みをはずさせた、私もその犯人のひとりなんですが。

三宅久之氏:(笑)

島村宣伸元農水大臣:あの、総裁選の最中にはね、10月26日って数字、日にちがよく浮かびましたね。朝日新聞がね、確か予想して、それを(聞き取れず)って話になりましてね。ところが麻生さんにたまたま会ったらね、「先輩ね、経済ってのは一旦落ちこんでしまったら、立て直すために倍、3倍のカネがかかります」と。それから「同時に想像以上に全国すみずみ歩いてみると、厳しい」と。「そんな人たちをね、まったく横において選挙どころじゃないですよ」と。「確かにいまやった方が有利だと思うけれども、ここはつらいところです」って言われたことを覚えていますよ。

阿川佐和子氏:最終的に期限というものがあったと思いますけれども、解散を決意する時というのは、できればもっと続けておかなければ、国の為に、という……

麻生太郎前総理:あ、それは思いました。それが優先順位のいちばんでしたね。ただ私の場合は、任期が残り一年しかありませんでしたんで。衆議院の任期が。これがいちばんつらいところだったですね、正直。もう少し時間があればという意識はすごくありました。景気回復がもっと目に見えてきてから、解散ができると思ってましたけれども。

4月19日放映『ビートたけしのTVタックル』


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket Photobucket こちらで配布中
[PR]
by floppy_smile | 2010-04-20 12:50 | 首都で