麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

北朝鮮による侵略、北朝鮮による脅威

人気ブログランキングへ
e0165379_18441159.jpg
e0165379_18441923.jpg
8月13日、総力報道THE NEWSより。質問順をクジ引きで決めていました。

福島みずほ社民党党首
集団的自衛権について麻生総理に聞きます。
有識者懇談会が報告書を出しました。集団的自衛権の行使に関して、たとえばアメリカとともに、どこかの国とともに戦争ができるということなんですが、それについて報告書が出た時に、総理はこれは検討するというふうに仰られたと思います。しかし日本国憲法下で、集団的自衛権の行使、戦争はできない、と思います。これについていかがか。また非核三原則の堅持と仰っていらっしゃいますが、核を持ち込ませずということを、きちっと保障を今できているのか、そのことをお聞きします。

麻生太郎内閣総理大臣

まず最初に現状として我々は北朝鮮という国が隣国にあるということを忘れてはいかんと思います。日本を守る同盟国のアメリカの艦船が、攻撃を受けたということになりますよ、北朝鮮から、日本の自衛官がそれを防護するということを可能にしておくというのは大事なことだと思います。また同盟国であるアメリカに向かって飛んでくミサイルというものに対して、少なくともミサイルの迎撃もできるようにするようにする。我々それできるできないは別のこととして。これらを実現するために少なくても日本の安全保障というものは強化されて然るべきだということを基本的に申し上げております。
前回の安部総理の時だったか、柳井、たしかメモ、いや柳井レポートだったと思いますが、あの柳井レポートというものはいろいろなことが書かれていますが、あれを直ちにと申し上げてるのではなくて、少なくとも今の状況として、我々は北朝鮮の脅威に備える、当然のことだと思います。

福島みずほ社民党党首

でも、日本国憲法下で、集団的自衛権の行使はどこをどうつついてもできないですよねえ。どうして解釈改憲でできるのか、あるいは今までの政府は集団的自衛権の行使を解釈としても認めないという立場だったと、私は理解をしています。それの変更ということは、ものすごく大きなことだと考えます。

麻生太郎内閣総理大臣

今、北朝鮮による侵略、北朝鮮による脅威というようなものは、少なくとも20年前、30年前は考えられなかったと思います。しかし今現実問題として、原爆実験を2回、多くの人を拉致し、そして日本に届く弾道ミサイルを、いくつ持ってるんだか知りませんが、少なくとも7月には何回も実験をする。というような状況を踏まえて、我々は国民の安全、というものを守るというのは、政府として当然の義務。その一環として考えるべき。


総力報道 THE NEWS/8月13日放送より


Photobucket Photobucket

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket Photobucket こちらで配布中
[PR]
by floppy_smile | 2009-08-14 18:45 | 首都で