麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

皆さんがイスラエルとパレスチナの将来を担っていくことを

人気ブログランキングへ
e0165379_23444136.jpg
8月4日、イスラエル・パレスチナ青少年交流関係者の表敬を受けて。(Getty Image)

 今回、麻生総理を訪問したイスラエル・パレスチナの青少年10名は、石川県金沢市で開催されている「中東和平プロジェクトin金沢」に参加するために来日しました。この交流事業は、イスラエルとパレスチナの紛争等による遺児を日本に招いて、相互理解を深め、平和の大切さを体験してもらうことにより、中東地域の和平実現、さらには世界・人類の恒久平和の実現を目指すことを目的とし、国内83の自治体でつくる世界連邦宣言自治体全国協議会に加盟する都市が持ち回りで主催しています。今回が5回目となり、これまでに40人を超える青少年たちがイスラエルとパレスチナから来日しました。この表敬には、今回の事業の実行委員長である山出保金沢市長や世界連邦宣言自治体全国協議会長であり第1回の開催地である京都府綾部市の四方八洲男市長らも同席しました。

 冒頭、麻生総理は「昨年の9月に国連総会の演説で、この交流事業を、『日本だからこそできる外交のひとつなんだ』と、全世界に向けてこのプロジェクトの話を紹介しました。したがって、個人的にも思い入れの深い事業なんです。イスラエルとパレスチナは、政治的には今なお厳しい状態が続いています。しかし、双方とも共存共栄に向けて、それぞれが可能なところからはじめる、というのが一番大事なところだと思っています。今回、二人一組になっていろいろな家庭に行かれたと思いますが、こういった機会が信頼の醸成につながり、きっかけになることを期待しています。皆さんがイスラエルとパレスチナの将来を担っていくことを、心から期待しています。」と述べました。

首相官邸HP/麻生総理の動き 8月4日イスラエル・パレスチナ青少年の表敬

 議長、

 話題を転じ、夏の終わりの、ある出来事をご紹介したいと存じます。

 ところは、東京郊外の小さな街。去る8月末、ここに海外から9人の高校生がやって来ました。日本に来るのは初めてです。慣れない料理に顔をしかめるなどは、どこにでもいそうな高校生のビジターと、変わるところがありません。

  1つだけ、ありふれた招聘プログラムの参加者に比べ、彼ら、彼女らを際立たせていた特徴がありました。4人がパレスチナ、5人がイスラエルの高校生で、全員、テロリズムを始めとする過酷な中東の現実によって、親族を亡くした遺児であったという点です。

 議長、

 日本の市民社会が地道に続けてくれている、和解促進の努力をご紹介しました。高校生たちは、母国にいる限り、互いに交わることがないかもしれません。しかし遠い日本へやってきて、緑したたる美しい国土のあちこちを、イスラエル、パレスチナそれぞれの参加者がペアをなして旅する数日間、彼らの内において、何かが変わるのです。親を亡くした悲しみに、宗教や、民族の差がないことを悟り、恐らくは涙を流す。その涙が、彼らの未来をつなぐよすがとなります。

 包括的な中東和平には、それをつくりだす、心の素地がなくてはならぬでしょう。日本の市民社会は、高校生の若い心に投資することで、それを育てようとしているのであります。

 議長、

 この例が示唆する如く、日本ならばこそできる外交というものがあることを、私は疑ったことがありません。

首相官邸HP/平成20年9月25日 第63回国連総会における麻生総理大臣一般討論演説
政府インターネットテレビ/
麻生内閣総理大臣の第63回国連総会一般討論演説-平成20年9月25日

Photobucket

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket Photobucket こちらで配布中
[PR]
by floppy_smile | 2009-08-04 23:56 | 首都で