麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

確かな景気回復を実現するまで

人気ブログランキングへ
e0165379_23531877.jpg
7月21日、衆議院解散後、二階俊博経済産業大臣と。(産経新聞/酒巻俊介撮影) 
私は、政局より政策を優先し、自民党・公明党とともに、経済政策に専念してきました。はなはだ異例のことではありますが、半年余りの間に、4度の予算編成を行いました。お陰様でその結果が、ようやく景気回復の兆しとして見えてきたところです。7,050円まで下がっていた株価は、今日は9,600円台まで回復をしております。企業の業績の見通しもよくなりつつあります。
 しかしながら、中小企業の業績や雇用情勢などは依然として悪く、いまだ道半ばにあります。
 経済対策、この一点にかけてきた私にとりましては、確かな景気回復を実現するまでは、総理・総裁の任務を投げ出すわけにはまいりません。


首相官邸HP/7月21日麻生内閣総理大臣記者会見 抜粋,強調引用者
政府インターネットTV/麻生内閣総理大臣記者会見-平成21年7月21日
◆厚生労働省/雇用調整を行わざるを得ない事業主の方へ

■ 民主党などの反対で小規模企業共済法改正案が廃案に
 個人事業主が引退した際の退職金を積み立てる小規模企業共済制度の加入対象を配偶者や後継者などの家族にまで広げる小規模企業共済法改正案が21日、廃案になった。6月30日の国会提出以来、全国に257万人いる個人事業経営者の将来の安心を確保するため、成立に全力を挙げてきたが、政局を優先する民主党の国会戦略に阻まれる形となった。わが党は解散となる同日も衆院経済産業委員会を開催し、同法案の提案理由の説明と採決を行い、本会議に緊急上程を行うなど、最後まで成立に努力したが、民主党など野党は欠席した。同法案の成立により加入対象が広がれば、後継者にとっては事業主になる前から老後の資金を確保できることから、小規模企業の経営者から早期成立を求める声が高まっていた。二階俊博経済産業大臣は「自民党と公明党は頑張る小規模企業を力強く応援していく」として、総選挙後、早期の成立に意欲を示した。

自由民主党/ニュース 【平成21年 7月21日】
◆中小企業庁/小規模企業共済法の一部を改正する法律案について

Photobucket

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket Photobucket こちらで配布中
[PR]
by floppy_smile | 2009-07-23 00:08 | 首都で