麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

三つの約束/3:政党の責任力

人気ブログランキングへ
e0165379_23102462.jpg
7月21日、衆議院解散ののちに。(Getty Image)

 そのためには、財源が必要です。
 私は、景気が回復した後、社会保障と少子化に充てるための消費税率引上げを含む抜本的な税制改革をお願いすると申し上げました。国民の皆様に負担をお願いする以上、大胆な行政改革を行います。
 国会議員の削減、公務員の削減や天下りとわたりの廃止、行政の無駄を根絶します。
増税は、だれにとっても嫌なことです。しかし、これ以上に私たちの世代の借金を子や孫に先送りすることはできないと思います。政治の責任を果たすためには、選挙のマイナスになることでも申し上げなければなりません。それが政治の責任だと思います。

 他方、民主党は政権交代を主張しておられます。しかし、景気対策、福祉の財源、日本の安全保障、いずれをとっても自民・公明両党の案に反対するだけで、具体的な政策が見えてきません。
 町工場の資金繰りの支援や仕事を打ち切られた人たちへの生活支援など、極めて緊急を要した予算にさえ反対し、国会の審議を引き延ばしました。若い世代の保険料の負担を抑えるための年金改革法にも反対したのです。
 子ども手当に5兆円、高速道路の無料化に2兆円など、財源の裏打ちのないケタ違いのバラマキ政策であります。予算を組み替えれば、何十兆円もわいて出てくるような夢物語。国連決議に従って、北朝鮮の貨物を検査する、そういう法案についても審議に応じず、廃案にしてしまいました。この結果に一番喜んでいるのは、北朝鮮ではないでしょうか。
 
 財源を伴わない空論に、日本の経済を任せるわけにはいきません。
 安全保障政策のまとまっていない政党に、日本の安全を委ねるわけにはいかないのです。
 日本の未来に責任が持てるのは、私の信じる自由民主党だけです。
 今回の総選挙は、どの政党が政権を担うのにふさわしいのか、国民の皆様に判断をしていただく大切な機会です。

 私は、皆様の生活を守るため、景気の回復と安心社会の実現をお約束します。今度の総選挙は、安心社会実現選挙であります。国民に問うのは、政党の責任力です。この約束ができなければ、責任を取ります。これが、3つ目の約束であります。

 政治の責任を果たす。重ねて申し上げます。子どもたちに夢を、若者に希望を、そして高齢者に安心を。そのために、私は、私の信じる自由民主党の先頭に立って、命をかけて戦うことを皆さん方にお誓いを申し上げます。
 ありがとうございました。  

首相官邸HP/7月21日麻生内閣総理大臣記者会見
政府インターネットTV/麻生内閣総理大臣記者会見-平成21年7月21日
懇談会でも……
もう1つ、重要な政治の責任は、安心社会の実現であります。
わたしたちの生活は、わたしたちの周りは、雇用、また老後、医療、年金、子育て。多くの不安というものに、われわれは囲まれております。
私が目指す安心社会は、『子どもに夢を、若者に希望を、そして高齢者には安心を』であります。
雇用に不安のない社会。老後に安心が持てる社会。
子を産み、育てることが安心してできる社会。それを実現するための政策を加速します。
行き過ぎた市場原理主義からは決別します。
社会保障予算の無理な削減はやめます。
更に、徹底した行政改革であります。
国会議員の削減、公務員の削減、天下り・渡りの廃止、行政の無駄を根絶しなければなりません。官僚の特権は許しません。
同時に自由民主党の改革もおろそかにすることもできないと存じます。国民から厳しい目を向けられております、所謂国会議員の世襲候補者につきましても特別扱いはしません。総裁として党改革実行本部の方針を踏まえ、党と国会の改革を進めてまいります。

youtube/自民党両院議員懇談会_麻生太郎総裁_2009.7.21(動画)
7月21日 自由民主党両院議員懇談会 麻生総裁冒頭挨拶全文 
日テレNEWS24より聞き取り


写真素材 PIXTA
(c) 木村 感知写真素材 PIXTA


Photobucket

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket Photobucket こちらで配布中
[PR]
by floppy_smile | 2009-07-22 00:39 | 首都で