麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

富者には富者なりの義務と責任が生じる

人気ブログランキングへ
e0165379_211678.jpg
7月11日、ラクイラ・サミットから帰国。羽田空港にて。(毎日新聞/小林努撮影)

以下、16年以上前に書かれた文章です。
 どのページから読んで戴いても構いません。その時々の話題や現象を私なりの視点で書いております。ただし職業がら政治の話が多い点はご容赦ください。なるべくわかりやすく、国際情勢や外交について書いたつもりです。
 基調としては、豊かになりゃなっただけの悩みが出るのは当然、富者には富者なりの義務と責任が生じるのもこれまた当然ということであろうと存じます。
 長い間貧しい国であった日本が、1985年のプラザ合意(1ドル換算240円が120円の円の切り上げ)以来、国際的に一挙に2倍の金持ちになったんであります。
 よく言われますように、成金と金持ちは異なっております。そして残念ながら、日本はただ今世界の成金国と思われているでしょう。成金が尊敬を得られないのはいずこも同じであります。他人から信頼され、託される国になりたいと思うなら、それなりのコストがかかり、犠牲が伴う覚悟がいるんであります。
 私は、日本は先進国唯一の有色人種、多神教、対決より調和など、世界の普遍的価値や発展途上国の方々に勇気と希望を与え得るものを心の奥深くに持っていると思っております。
 これから世の中は乱世ともいうべき混沌とした時代をしばらく迎えることになると思います。その時にはやはり私たちの心の奥深くに持っている「高い志(こころざし)」を世界に向って語らねばなりません。堂々と唱えるべきなんだと思っております。
 私の拙い文章の行間から、それらのことを感じとって戴ければ幸いであります。

異論II 麻生太郎(平成4年12月1日初版)/麻生太郎事務所出版 まえがきより一部引用

(なぜ総理大臣を目指すのか)
何かこれをやりたいから、総理じゃなきゃできないっていう。だから総理は手段。目的は「自分がこれしたい」「日本をこうしたい」っていうのが目的。

――麻生さんは『何を』やりたいですか?

僕は日本って言う国はもっと高く評価されてしかるべきだと思いますねえ。世界の中で、外務大臣2年くらいしてたんですかねえ、2年してる間にやっぱり、日本ってのは世界の中で、もっと、あの、何、日本で言われているよりはるかに評価が高くなってる。それにじゃあ意識をもって答えているかねと言えば、それはまったくそんな意識はほとんどないと思いますね。もっと手伝えるところは、もっと手伝ってあげる、やってあげる。
で、そうすっとね、みんなこう、いろんな役所にまたがるんですよ。外務大臣だと外務省はできますよ。だけど、ちょっとそれが厚生省と重なったり、通産省と重なったり、色々あると、なかなかできない。したがってその意味では、きちんとやろうと思えば、やっぱり総理大臣、3人の大臣集めて「これでいこう」ということが言えるって言うのはやっぱり総理大臣じゃないとダメなんだと思いますね。

2008年2月18日 SMAP×SMAP


Photobucket

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket Photobucket こちらで配布中
[PR]
by floppy_smile | 2009-07-18 21:02 | 外交で