麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

ブラウン首相、バローゾ欧州委員長と

人気ブログランキングへ
e0165379_11594098.jpg

7月8日、ラクイラ・サミット(公式サイト)一日目。左からEUのジョゼ=マヌエル=ドゥラン=バローゾ欧州委員長、英国のゴードン=ブラウン首相、麻生太郎総理大臣。(Downing Street's photostream)


(問)
 総理は今、サミットの一連の日程について成果を強調されたが、G8では、例えば温暖化対策では先進国として80%削減という目標を打ち出したが、結局 MEFの方では、新興国に対して世界全体で50%の削減という数値を飲ませることができなかった。最近、G8の限界も指摘されるが、G8の役割は引き続き必要と考えているか。(引用者註:次の質問、略)

(麻生総理)
 G8だけで、世界が解決すべき問題にすべて対処できるわけではないのは事実です。昨年の経済・金融危機の時にも、G8では解決できないと、インド、中国等々の参加が是非必要だと、私の方からも申し上げて、G20になったのであったと記憶します。したがって、経済金融危機にはG20サミット、気候変動についてはMEF、即ち「主要経済国フォーラム」が、効果的な役割を果たしていると思っています。
 日本としては、責任を果たす意思と能力そういったものを有する国々と、これらの新たな枠組みを通じて、行動を共にしていきたいと思います。その上で、より多くの国々と問題を対処しなければならない時代にあるからこそ、共通の価値観を有して、そして、世界のために責任ある貢献をしてきたG8の重要性というものは一層増していると、私はそう思っています。G8が中核となって、国際社会の力を結集して、国際協調をさらに進めていくことが現実的な方法であると思います。
 気候変動問題に関しては、このG8として、この問題に責任をもって取り組んでいくことを、G8宣言の形で明確にしております。その上で、新興国を含めた「主要経済フォーラム」に臨み、世界全体の排出削減目標の設定に向けて、本年末のコペンハーゲンで開かれるCOP15までに、 協力して取り組んでいくことで一致できたというのは大きな成果であって、これはまさにG8の変わることない重要性を示すものだと思っています。例えば、G8だけで世界経済の50%、G14で80%位をしめるのでこれは非常に大きな影響力があると思っています。(引用者註:次の回答、略)

首相官邸HP/7月11日 ラクイラ・サミット内外記者会見 抜粋,強調引用者

Photobucket

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket こちらで配布中
[PR]
by floppy_smile | 2009-07-12 14:12 | 外交で