麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

ベルルスコーニ伊首相との共同記者発表にて

人気ブログランキングへ
e0165379_14405825.jpg
e0165379_1441791.jpg
7月8日、ベルルスコーニ伊首相との共同記者発表にて、模型を使い、
"紙のコンサートホール"の説明をする麻生太郎総理大臣。(Reuters)

 4月のライクラ地震の被害に対して、日本国民を代表してまず心からお見舞いを申し上げたいと存じます。日本も地震国です。ラクイラの方々と悲しみを共にし早期の復興を願っております。その気持ちを表すために日本政府として今から申し上げます協力をさせていただきますことを先ほどベルルスコーニ首相にお伝えしました。
 日本の耐震技術を利用した体育館、これは地震が起きた時に避難場所として使える施設ということであります。
 ふたつめは日本人の建築家によります紙でできたコンサートホールの建設。紙でできている、というところがミソですけれども、紙でできておりますんで、着工して2ヶ月で建ちますが、これが日本で既に使われた技術ですが、建ってから10年ぐらい建っても別に変わりなく使われている。ラクイラには音楽の勉強をしている学生が多いそうなんで、こういうコンサートホールがなくなると、学生がそこにいても、ということになりますんで、早く建てられるコンサートホールということから、こういった紙のコンサートホールを建てさせていただくことになりました。
 それから多くの文化遺産が壊れされておりますので、日本の文化財を修復する専門家を派遣するということであります。
 (模型到着)これが実物ですけれども、これがコンサートホール。中はこんな具合になっています。これが紙でできている柱です。中が少し……この柱が、この柱と(註:ベルルスコーニ首相が持たれた柱と、コンサートホールの模型の中の柱を指し示される)。
 日本の民間も多くの物資の支援などしておりますが、いずれにしても我々はラクイラの人たちと同じような気持ちをもって、今後とも日本と太い絆で繋がっているということを申しあげて、御挨拶に代えさせていただきます。

イタリア首相官邸HPの動画より聞き取り
Governo Itariano/Dichiarazioni alla stampa del Presidente Berlusconi e del Primo Ministro del Giappone, Taro Aso【動画】
ラクイラ地震に対する我が国の支援について 2009年7月7日

1.麻生総理大臣は、ベルルスコーニ・イタリア首相に対して、ラクイラ地震被災に対するお見舞いを伝えるとともに、被災地が一日も早い回復を遂げることができるよう、同じ地震国として震災の痛みを共有する日本国民や民間企業からの義捐金や物資の提供に加えて、我が国政府として、以下の3案件について協力を進めていく旨伝えた。

(1)日本の耐震技術を活用した体育館兼避難施設建設への資金協力

(2)建築家坂茂(ばん しげる)氏による「紙のコンサートホール」建設への資金協力。

(3)文化財修復分野での協力として、日本人専門家を現地へ派遣。

2.これに対し、ベルルスコーニ首相は日本の協力の申し出に深甚なる感謝を表明した。

外務省/7月7日 ラクイラ地震に対する我が国の支援について

◆首相官邸HP/麻生総理の動き 7月7日 ラクイラサミット(前日)
◆asahi.com/復興は音楽から イタリア地震、邦人建築家がホール計画

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket こちらで配布中

Photobucket
[PR]
by floppy_smile | 2009-07-08 15:04 | 外交で