麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

国民に対しても耳の痛いことも言う、それが政治家の責任

e0165379_21173354.jpg
6月25日、日本記者クラブでの講演にて。(産経新聞/栗橋隆悦撮影)

 (3) 責任
 今の政治に求められているもう一つのもの、それは責任と思います。私は、昨年10月30日の記者会見で、経済対策の発表と併せて、国民の皆様に消費税の引き上げの必要性を訴えました。誰だって増税は嫌なことです。しかし、毎年1兆円規模で膨れ上がる社会保障費、少子高齢化の結果ですが、この社会保障費を賄うために、増税は避けて通れないと存じます。これを放置するということは、子や孫の世代に借金を残すことです。国民に対しても耳の痛いことも言う、それが政治家の責任だと存じます。
 このため、中期プログラムにおいて3年後、経済状況の好転を前提に税制の抜本改革を行うことを明らかにしたということです。そして、法律にも書き込みました。この増税分はすべて社会保障や少子化対策に使い、国民の皆さんに還元します。
 勿論、負担をお願いするに当たっては、不断の行政改革と無駄の徹底的な排除が大前提です。私と自由民主党は困難から逃げません。国民の皆さんに目指すべき社会のビジョンというものをお示しし、具体的に実行してまいります。行政の無駄を徹底的に削減し、公務員の天下りあっせんをやめます。必要ならば増税もお願いします。

首相官邸HP/
6月25日 麻生内閣総理大臣スピーチ「私の目指す安心社会」日本記者クラブにて
抜粋,強調引用者
政府インターネットTV/麻生総理スピーチ 「私の目指す安心社会」-平成21年6月25日

 わたしは、悲観しません。
 わたしは、日本と日本人の底力に、一点の疑問も抱いたことがありません。時代は、内外の政治と経済において、その変化に奔流の勢いを呈するが如くであります。しかし、わたしは、変化を乗り切って大きく脱皮する日本人の力を、どこまでも信じて疑いません。そしてわたしは、決して逃げません。
 わたしは、自由民主党と公明党の連立政権の基盤に立ち、責任と実行力ある政治を行うことを、国民の皆様にお誓いします。

首相官邸HP/2008年9月29日 第170回国会における麻生内閣総理大臣 所信表明演説 抄


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket こちらで配布中

Photobucket
[PR]
by floppy_smile | 2009-06-27 21:18 | 首都で