麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

われわれを見舞うであろう幾多の問題を解くカギ

e0165379_7172315.jpg
10月24日、北京、アジア欧州会合第7回首脳会合(ASEM7)にて、
大韓民国李明博大統領と麻生太郎総理。(Reuters)

わたくしには、アジアの将来に関して悲観的にならなければならない訳が思い当たりません。それはもう一度SARSに戻るのですが、あの恐るべき伝染病がゆくりなくも明らかにしたように、アジアはそれ自体、ひとつの発展をやめないネットワークだからです。

 そのことをよく知っているのは、恐らくアジア各国に展開する日本企業の社長さんたちでしょう。部品別、工程別の分業ネットワークをこしらえて、費用便益のバランスを日本企業は臨機応変、アジアのいろいろな国で追求しています。ふと気がつくと、どこそこの国が強くなるから日本の産業基盤が空洞化する、といったようないかにも固定的なイメージの議論は、もうあまり聞かなくなりました。

 それにネットワークとは面白いもので、参加者が3人から5人へ2人増えただけで、回線の数が3つから10へ増えるというように、自乗自乗で拡大する性質をもっているでしょう。

 つまりアジアがオープンな、自由なヒト、モノ、カネの行き来を促すネットワークである限り、「知恵の輪」もまた、自乗の法則で拡大していくのです。

 これこそは、この先われわれを見舞うであろう幾多の問題を解くカギになります。

外務省/平成18年5月26日「ネットワーク型アジア」の未来を構想する 抜粋,強調引用者




Photobucket
外務省より

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket こちらで配布中

Photobucket
[PR]
by floppy_smile | 2009-06-11 07:29 | 外交で