麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

環境問題に巨額の金を投資するのに比べりゃ安く済むんじゃないか

e0165379_1952990.jpg
6月8日、政府与党連絡会議にて。(産経新聞/酒巻俊介撮影) 
会議で笑ってらっしゃる写真は珍しいので、得した気分になってしまいます(笑)
 そういった環境の問題を考えるんだったら、皆さんが今乗ってる車。10年、12年、13年たってれば、その車の排ガスは、今の売ってる車の排気ガスのケタとは全く違う。ものすごく大きい。したがって、それちょっと買い換えてくれませんか?と。今、新しいハイブリットの車に買い替えてくれませんか?と。買い換えていただいたら、その分だけ25万円お安くします。……悪くねえんじゃねえ、この話。

 俺はこの話は、考えた人が言ってた時は、ありゃあムチャクチャなことを言ってると思ったんですが、よく考えてみたら、今、環境問題として、我々は大きな目標をたてて世界の先端を行って、この環境問題に対応していくときに、車の排気ガスというのは、世界中で(CO2の)排出量減らす量の25%ぐらいは車の排気ガスですから。この排気ガスを減らす方法としては、古い車が新しく変わる。決して悪いこっちゃない。自動車産業もいいだろう。しかし、環境によくなることは間違いないんだもん。だから、そういったものに25万円補助しても環境が変わるんであれば、結果としては、環境問題に巨額の金を投資するのに比べりゃ安く済むんじゃないか。っていうことも、ひとつの考え方でしょうが。

ニコニコ動画/麻生太郎総理大臣吉祥寺駅街頭演説2009/06/07 より一部聞き取り
Youtube/【動画】麻生太郎総理大臣吉祥寺駅街頭演説2009/06/07
《(2)エコカー世界最速普及プラン》
 もう一つは、エコカーの世界最速普及プランであります。世界で最初に電気自動車やハイブリッドカーなど、いわゆるエコカーを本格的に普及させます。3年後に電気自動車の量産・量販を開始し、2020年には新車の2台に1台をエコカーにしたいと存じます。

 このために、今月から自動車重量税、自動車取得税の免除を開始しております。更に今後、新たな補助制度を導入し、エコカーへの買い替えを支援したいと思っております。これらにより、1年間で100万台程度、需要を増やせます。国民が環境性能で車を選ぶ時代を築きたいものだと考えております。
 また、最先端モデル都市を10か所選定して、未来の車社会の姿を先取りした実証プロジェクトを実施します。得られた知見を基に、世界最大の自動車市場であるアメリカと連携して、世界標準を構築したいと思います。

首相官邸HP/4月9日 「新たな成長に向けて」日本記者クラブにて


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket こちらで配布中

Photobucket
[PR]
by floppy_smile | 2009-06-08 19:10 | 首都で