麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

新聞は間違っている。お前ら経営がわかっていない。

e0165379_1145310.jpg
4月2日、ロンドンG20にて。(時事通信)
私はこういうような話が経営者の側からおかしいという声が全然出ないのが嫌になっちゃうので、私が言うと、私の話の後で経営者の人たちは「いやー、麻生さん、きょうの話はわかった。俺たちも…」と。じゃあ、お宅も言えと言うんです。自分たちは黙って、人に言わせておいて、土地が下がったら、自分の土地だけ下がらないで、あとの土地だけ下がればいいとか、世の中そんな都合よくいかないのです。みんな一緒なのですから、そういった意味ではみんなもっとはっきり言うべきです。新聞は間違っている。お前ら経営がわかっていない。
 国家経営からいったっておかしいということをはっきり言わない限りは、のぼせ上げってどんどん書くのです。それが何となく世論にいつの間にかなるから、そうするとこっちは票がおっかないからやる。たまたま麻生太郎は落ちそうもないから言えているだけであって、落ちそうだったらこんなことは言えません。これが現実ですよ。政治家というのはそういうものです。
私どもはそこのところが一番申し上げたいところなのであって、ぜひ皆さん方はそういったことをもっと声を大に して言うべきなのです。広告だってみんな出しておられるのだから、こんないい加減な記事を出している新聞なんかに広告なんて出さないといえばいいんですよ。はっきりしている。テレビ広告なんてとんでもない。こんなものなんか出せるかと言われる企業というのは聞いたことがない。私は不思議に思っているものの一つなのです。

旧麻生太郎オフィシャルサイト/平成13年10月4日 内外ニュース東京懇談会 これからの日本経済
こういうような話の一部を下に引用。(1P分)
講演録は全部で9Pあるのですが(上リンク)、面白くって一気に読めてしまいます♪
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket こちらで配布中

Photobucket
こちらは公式バナーです



 いろんな手口がないわけじゃないのです。ですからそういったようなことをすると何とかかんとかワアワア言う話だけ新聞に出るから、そっちばかり読むけれども、まともなところの話を読んでいただかないといけないのであって、公共事業の話もしましたが、公共事業を今やると666兆円の話ばかりが新聞に出ます。
 これは会社で言えば債務の話ですけれども、債務のためにはこっち側に債権というのがあるのは当たり前であって、貸方、借方という言葉がなかなか通じない世界にいるのですが、貸方、借方で言えば、当然そっちがバランスしなくちゃおかしいのであって、借金があるというときには、その借金に見合う債権、いわゆる担保というものはこっち側にあるわけなのです。ですから666兆円に見合う債権、担保は何があるんだという話を何でしないのですかね。
 総債務の話だけして、うちの会社は借金が多いから大変だというけれど、それなら例えば親日鐡なら新日鐵が全然無借金の八百屋さんより内容が悪いということにはなりません。借金の多さだけでやるんだったら世の中違うでしょうが。それに見合うところと話をしないとおかしいのであって、町の人が500万円の借金がある、 600万円の借金があの奥さんにあるらしいといったら話題になるかもしれないが、その奥さんが1500万円の郵便貯金を持っていたら何てことないでしょう。そういうものですよ。
 それは経営者だったら誰でもわかる話だと思います。それが何となく666兆円と言うと、うわーと言うんだけれど、よく調べてみたら、ヨーロッパ先進国とその内容はほとんど変わっていない。債権を引いたり残りのいわゆる純債務でみましたら、その内容はほとんど変わっておりません。加えて、日本はそのほかにも国有財産というのがいっぱいあります。世界で最も国有財産が多い国なのであって、そういった意味では考え方なり、勘定科目の付け替えをやりさえすれば、いくらでもそういったものはできるということぐらいは経営者なら誰でもわかる話なのです。そういったところがなかなかご理解いただけないために、666兆円の話だけえらい話になっていますが、そうむちゃくちゃな話ではない。
 それが証拠に、400兆円だったときには日本の国債というものは金利が2.5%だったんですよ。今、600兆円に増えたら4%ぐらいにならないと計算が合わないけれども、今は1.3%ですよ。借金が増えたら金利が下がったというのはおかしいでしょう。「市場に聞け」と、えらそうなことを言っている経済学者がいるが、市場に聞けと言うんだったら、国債をもっと出せといっているということになります。私はこういうような話が経営者の側からおかしいという声が全然出ないのが嫌になっちゃうので、私が言うと、私の話の後で経営者の人たちは「いやー、麻生さん、きょうの話はわかった。俺たちも…」と。

旧麻生太郎オフィシャルサイト/平成13年10月4日 内外ニュース東京懇談会 これからの日本経済

[PR]
by floppy_smile | 2009-05-16 11:08 | 首都で