麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

日本を取り巻く北東アジアの安全保障環境

e0165379_1495015.jpg
5月4日、日・EU首脳共同記者会見を後にする、ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ欧州委員長(左)、ヴァーツラフ・クラウス・チェコ共和国大統領(右)、麻生太郎総理大臣。
(核軍縮と不拡散)

 四つめの挑戦は、核軍縮と大量破壊兵器などの、不拡散です。1か月前、オバマ大統領が、核兵器のない世界のために進むべき方向を、プラハで力強く示しました。米ロ首脳は、年内に新たな核軍縮合意を目指す、としています。欧州でも英国、フランスが、自らの核戦力を引き下げる努力を透明性をもって進めてきています。
 日本は唯一の被爆国として、過去15年、国連で、核廃絶決議を提案し、圧倒的な支持を受けて、成立させてきました。今、核軍縮に向けたかつてない機運が生まれています。
 もっとも、残念ながら、日本を取り巻く北東アジアの安全保障環境は厳しさを増しています。北朝鮮は、国際社会の声を無視し、核・ミサイルの開発に突き進んでいます。加えて、13歳の少女を含む、無辜の日本の市民を北朝鮮に連れ去り、未だに帰還させない、拉致問題の解決に取り組む姿勢も、見せていません。
 中国の国防費は、20年連続して、前年比で二桁の伸びを示し、その内容は、透明性を欠いています。また、核軍備の近代化を進めています。
 このような状況にあるからこそ、核軍縮を進め、不拡散体制を強化することが重要です。欧州も長年、核戦争の恐怖に、脅かされてきました。世界全体の安定を維持しつつ、「核兵器のない世界」というゴールに歩みを進める。今、開かれた歴史的なチャンスを、欧州と一緒につかんでいきたいと考えます。

外務省/5月5日麻生内閣総理大臣の欧州における政策スピーチ「グローバルな課題を克服する日欧のパートナーシップ」

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket こちらで配布中

Photobucket
こちらは公式バナーです
[PR]
by floppy_smile | 2009-05-11 01:51 | 外交で