麻生副総理の笑顔で釣られ笑いするアルバムブログ


by floppy_smile

北朝鮮問題

e0165379_1452268.jpg
e0165379_14522425.jpg
4月11日、タイ、パタヤにて日中韓首脳会談の前に、中華人民共和国の温家宝首相、大韓民国の李明博大統領と麻生太郎総理大臣。(Getty images)
2.北朝鮮問題

(1)ミサイル発射への対応

 麻生総理より、北朝鮮によるミサイル発射への対応について、これまで日韓間で緊密に連携して取り組んできたことを評価する旨述べるとともに、直前に行われた日中首脳会談でのやり取りについて紹介した。これを受け、李明博大統領からも、中韓首脳会議でのやり取りを含め、韓国の考え方につき説明があった。
 また、両首脳は、一連の議論を通じて関係国の立場が相当程度近づいてきているとの認識を確認するとともに、その過程で、日韓、日韓米が連携して関係国に働きかけてきたことが成果を生んでいる、との認識で一致した。
 その上で、両首脳は、国際社会の一致した、強いメッセージを発出するためには、安保理決議を採択することが望ましいとの立場を確認する一方、あまり時間をかけることなく、迅速に結論を得ることが重要である、との認識を確認し、引き続き予定されている日中韓首脳会談においても、率直に意見交換を行うことで一致した。

(2)六者会合

 両首脳は、六者会合についても、日韓両国で連携して、粘り強く取り組んでいくことが重要であるとの点で一致した。

外務省/4月11日 日韓首脳会談
2.北朝鮮問題

(1)ミサイル問題について、麻生総理、李明博大統領より、改めて、日韓両国の考え方につき、発言があった。これに対し、温家宝総理より、「中国は、日韓両国が北朝鮮のロケット発射に対して表明した関心を完全に理解する。」と述べた上で、国連安保理の一体性を維持し、六者会合を通じた非核化にも資する形で対応したい、中国としては、議長声明とすることを希望している、日中韓で引き続き意思疎通を続け、共同の努力で皆が受け入れられる解決策を見つけたい、といった発言があった。

(2)これを受け、麻生総理より、形式もさることながら、ニューヨークにおいて、日中韓で連携して、早期に、そして最大限に強いメッセージを発出できるよう、それぞれの国連代表部に対して作業の加速を指示することとしたい旨発言した。これに対し、李明博大統領からは、日中韓の三か国が一致して対応することが重要である旨の発言が、温家宝総理からは、日中韓三か国の政府と国連代表部が緊密に協力し、三か国ともに受け入れ可能な内容に合意できることを切に願っている旨の発言があった。

外務省/4月11日 日中韓首脳会談抄 強調引用者

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ Photobucket こちらで配布中

Photobucket
こちらは公式バナーです
[PR]
by floppy_smile | 2009-04-13 17:16 | 外交で